確認するようにしましょう

車を持っているあなたであれば知っていると思いますが自動車税の納税義務があります。Party party 体験談

そして自動車税は、クルマ買取時に当然のように戻ってくるお金なのです。国際結婚 決断

これは少し実行すると直ぐに理解できますがでははじめから順番に分かりやすく案内しましょう。グレース アンド ルケレ シミウス

事前に説明をすれば、日本のクルマに限らず外国の車等も自動車税が還ってくることになっています。かに本舗 評判

当然クルマについてもそうですね。U-mobile MAX

自動車税は車を持っている人が支払い義務を負う税金でこの金額はクルマの排気量の大きさ毎に定められています。作りやすいクレカ

1リッターより小さいなら29500円で1リッターより上で1.5リッターまでだと34500円になります。

これ以降は500ccごとに5000円が乗ってきます。

そしてこのお金は4月1日時点で車を所有している人が今年度の税金を支払う定めとなっています。

つまり事前納付ということなので愛車を引き取ってもらって、所有者でなくなった場合などはその分の自動車税は返還される事を意味します。

自動車税は前払いで来年3月までのお金を払いますからその年度内に車を売った場合には、新たな所有者が自動車税を納めなければいけないのです。

売却先が中古車買い取り専門店であれば、引き取り時に自分が先払いしている分の税金を返金してもらえます。

つまり、所有権を手放した時からの税金は、権利が移った所有者が支払い義務を負います。

もしあなたが10月中にクルマを売却したなら11月から翌年3月中までの払ったお金は戻ってくるのです。

それは、前述の通り自動車税の場合は一年分を先払いしているという決まりからも明らかです。

要は、前オーナーは売却相手に払いすぎた税金を返金してもらうということです。

業者を介さずに愛車を売買する場合意外にこのような重要な事実を忘れている方がよくいるため、確認するようにしましょう。

自動車税という税金は自動車を売った際に返ってくるということをほとんど知っている人がいないからと言ってその状況を隠す業者もいるのです。

こちら側から返金に関して話を切り出さなければ一切返金のことに説明しないというケースも頻繁に見受けられます。

そのためクルマの売却をするさいには、税金が戻ってくるか否かの確認を怠らないようにする必要があります。