www.20daysin.com
損をせずに高値の査定額で中古車を引き取りして欲しいのであれば、査定を依頼する前に最低限確認をする必要がある作業が結構、沢山あるのです。車内掃除をして中古車の車内臭や汚損を取り除いておくことが大事でしょう。手放す車の売却額査定をするのも生身の人間ですから、「大事に使われていないな〜」と思えば、当たり前にいい評価をしたくないのは理解できると思います。車内の臭い、汚損の車内掃除すらされていない大事にされなかった車というようなイメージを持たれる可能性が高いわけです。これは車のメーカー等に関係なく車を手放す場合でも同じことが言えます。第一に、車内の臭いに関して最も挙がる敬遠される原因として、タバコ臭が挙げられます。自動車の中は比較的狭い空間なので車の中でタバコをふかせばタバコ臭が自動車の中にこびり付いてしまいます。ここ近年では煙草を敬遠する方がよく言われていますから、世間の流れあり、数年前と比較をしてもタバコの臭いは売却額にとって重要なポイントになります。手放す車の売却際には、最低でもファブリーズなどによって車の車内の臭いを消臭しておきましょう。また、犬や猫などの毛や臭いも見積額が変わる要因となります。普段から犬や猫などと一緒にいる本人の場合は気にならない事が普通なのでだれか第三者に確認を頼むという流れがよろしいと思われます。それと汚れている部分に関してですが車両を手放した後、中古車売却会社のプロが車両を掃除して売るため重要ではないという認識で査定したら、相当車の売値はカットされます。経年の劣化によるそこそこのよごれは仕方ないですが、少しの作業で除去することが容易な汚損は洗車や車内をきれいにして取り除いておかなければなりません。車にワックスをかけることや所有車のトランクの中の掃除なども忘れずに。実際にワックスをかけたり車内清掃に必要な必要経費と汚れをそのままにしていることが原因で買取査定で引かれてしまう見積金額では引かれる額のほうがはるかに大きいはずです。しっかり手をかけていたものかという点でみると、普段から車を洗ったり清掃をするのが良いですが査定を依頼するときの暗黙の了解ですから引き取り査定以前に車内をきれいに済ませておくことは、売る車の引き取り価格を高くする場合にはなるべくやっておくべき項目のひとつです。